借金減額

オリンポス債権回収からのしつこい電話・通知の対処方法とは?

オリンポス債権回収_しつこい
  • オリンポス債権回収から督促の電話がかかってきた
  • 滞納しているけど返済するお金がない
  • 複数の業者から借りていて、1社にまとめたい
  • とりあえずどこかに相談したい…

この記事を読まれているということは、このようにオリンポス債権回収から連絡が来て困っている人ではないでしょうか。

オリンポス債権回収からの取り立ては、まず本人の電話にかけてきて督促するところから始まります。

その電話を無視し続けるとどうなるのか?細かく解説していきます。

オリンポス債権回収はれっきとした債権回収会社

オリンポス債権回収株式会社は、全国に76社しかない「法務省から債権管理回収業の営業を許可された会社」の一つです。

1999年に設立され、債権回収の代行業務を行っています。

 

オリンポス債権回収は法律の後ろ盾があるため、かなり強い権限を持っています。

具体的には支払いに応じない場合、裁判を起こして取り立てることもできます。

※あくまでも裁判は最終手段のため、支払いの督促に応じて支払いを済ませれば大丈夫です

オリンポス債権回収から連絡を受けた場合の対処法

あわてて折り返しの電話をする前にちょっと確認!

実は、折り返しの連絡をすることによって「時効の中断」となってしまう可能性があります。

 

ここでポイントとなるのが、「最後の返済から5年以上経過しているか」です。

5年以上返済しないまま経過している場合は、安易にオリンポス債権回収に連絡しないようにしましょう。もし連絡してしまった場合、時効の援用をしてもらえなくなります。

  • 5年以上経過している場合 → 消滅時効の主張ができる可能性があります。内容証明郵便で通知することにより、法的な支払い義務がなくなる可能性があります。
  • 最後の返済から5年未満の場合 → 時効の援用ができないため、法的な支払い義務があります。

オリンポス債権回収への返済が遅れて滞納・延滞し続けるとどうなる?

オリンポス債権回収からの連絡に対応せず、滞納や延滞が続いてしまった場合、オリンポス債権回収は他の手段によって督促をしてくることになります。

また、その他にも信用情報に傷が付くことになるため、できるだけ期日通りに返済すべきでしょう。

具体的にまとめます。

滞納し続けることによる影響
  1. 滞納が61日を超えると個人信用情報機関に遅延情報が登録され、クレジットカードや住宅ローンの審査に通らなくなる(1年~5年の間)
  2. 電話、書類による通知、もしくは自宅に担当者が訪ねてくる
  3. 簡易裁判所より通達が送付される

③について補足すると、これは「仮執行宣言付支払督促」というものです。

仮執行宣言付支払督促は2週間以内に異議申し立てをしなかった場合、確定判決と同一の効力があります。滞納者の財産を差し押さえする権利が債権者側に与えられるため、強制執行手続を取れる状態になります。

この状態になってしまうと、例えば銀行の預金口座が凍結されたり、給料の差し押さえを受けてしまうことになるため注意してください。

返済可能な場合

オリンポス債権回収への返済が可能な場合はすぐに返済しましょう。

また、オリンポスの担当者に相談すれば期日を延長してもらうことができるかもしれません。恐れずにコミュニケーションを取ることが大切です。

返済できない場合

毎月の返済額を減らすことができないか(過払いがないか)相談してみましょう。

また、複数の借入先がある場合には一つにまとめて返済時期を明確にすることもできます。

 

借金の減額相談を請け負っている法律事務所や司法書士事務所がありますので、それらに相談するのが近道です。

過払いは意外に多く発生しているもので、減額できる可能性は高いです。

おすすめ司法書士事務所

借金減額・任意整理・過払い金申請など、相談者の状況に応じて最善の解決策を提案してくれる杉山 一穂先生がおすすめです。

司法書士法人杉山事務所にメール相談してみる

☆ 杉山事務所のココがすごい!

  • 消費者金融が恐れる司法書士の「日本一」に選出される
  • 月に3,000件の相談実績
  • 委任契約後は業者との交渉をすべてお任せできる
  • 無料で気軽にメール相談できる

☆ 相談の流れ

  1. メールフォーム入力で無料相談申し込み
  2. 委任契約
  3. 業者との交渉開始(杉山事務所にお任せ)
  4. 解決!

 

借金をすると誰にも相談できず、抱え込んでしまいがちです。

ですが、せっかく借金を減額できるチャンスがあればそれに賭けてみてもよいのではないでしょうか。

経験豊富な専門家に相談すると少しは気持ちがラクになるかもしれません。

まずは無料相談してみましょう。

杉山事務所の無料メール相談はこちらから

まずは弁護士・司法書士に相談を!

オリンポス債権回収から連絡が来るということは、もともと取引をしていた金融機関から延滞の情報が引き継がれているということ。

つまり、オリンポス債権回収から連絡を受けた時点で、すでにかなりの損害遅延金が発生している可能性もあります。

  • 多額の返済を滞納している(思い当たるフシがある)
  • かなりの期間、オリンポス債権回収からの連絡を無視している

このような場合、オリンポス債権回収に連絡する前に、まず弁護士や司法書士に相談しましょう。借金が減額できる可能性があるためです。

過払いは意外に多く発生しているもので、減額できる可能性は十分にあります。

おすすめ司法書士事務所

借金減額・任意整理・過払い金申請など、相談者の状況に応じて最善の解決策を提案してくれる杉山 一穂先生がおすすめです。

司法書士法人杉山事務所にメール相談してみる

☆ 杉山事務所のココがすごい!

  • 消費者金融が恐れる司法書士の「日本一」に選出される
  • 月に3,000件の相談実績
  • 委任契約後は業者との交渉をすべてお任せできる
  • 無料で気軽にメール相談できる

☆ 相談の流れ

  1. メールフォーム入力で無料相談申し込み
  2. 委任契約
  3. 業者との交渉開始(杉山事務所にお任せ)
  4. 解決!

無料、かつメールで気軽に相談できるので、気になる方はまず無料相談してみましょう。

杉山事務所の無料メール相談はこちらから

オリンポス債権回収株式会社を名乗る不審な電話に要注意(振り込め詐欺の可能性大

最近もいわゆる「振り込め詐欺」が流行っています。

オリンポス債権回収の名を語って、所定の口座にお金を振り込むように電話がかかってくる架空請求です。絶対に引っかからないように気を付けましょう。

オリンポス債権回収が使用する電話番号一覧

オリンポス債権回収が督促に使用する電話番号を載せておきます。

逆に言うと、これらの番号以外は詐欺の可能性があるため注意してください。

  • 0117954179
  • 0118569199
  • 0118569933
  • 0118569200

まとめ

  • オリンポス債権回収は法務省から許可を受けた債権回収会社
  • 電話がかかってきても安易に折り返すのではなく、時効を迎えているか要確認
  • 滞納が続くと裁判を起こされたり、自宅に担当者が来ることも
  • 困ったら司法書士にまず相談してみる

今回はオリンポス債権回収についてまとめました。

連絡が来ても恐れずに、まずは弁護士・司法書士に相談してみましょう。

不安を取り除いてくれるはずです。

司法書士法人杉山事務所にメール相談してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。