株主優待

株主優待でもらったお米だけで1年間暮らしたい!銘柄と必要な資金は?

こんにちは。株主優待大好きnerio(@neriopapa)です。

 

株主優待で「お米」を送ってくれる会社が結構たくさんあるんです。

 

で、ふと思ったんですよ。

 

うまくやれば1年間お米買わなくても暮らせるんじゃない?

と。

 

お米って重いじゃないですか。

スーパーで5kgの袋買ったりすると持って帰るのが大変。

 

でも株主優待なら自宅まで届けてくれるので楽チンです。

 

そこで今回はお米を送ってくれる株主優待銘柄を調査しました。

ちゃんと送付時期も考慮して、1年間お米を切らさずに生活するためのポートフォリオをご提案します。

 

※1 記事内の優待品情報は記事作成時点(2019年10月)のものです。最新情報につきましては各社ウェブサイトでの確認をお願い致します。

※2 株価データは2019/10月時点の情報です。

※3 優待の送付時期については各社ウェブサイト、並びに各社に電話で直接確認した結果を記載していますが若干変動する可能性もあります。

前提

この調査をするにあたり、いくつか前提を置きます。

前提①:一人あたりの年間お米消費量は35.3kgとする

米穀機構が出している調査結果によると、国民が1ヶ月に食べるお米の量は4,225gで、そのうち家庭内で食べる分は2,942gだそうです。(残りは外食)

<米穀機構:米の消費動向調査結果より抜粋>

株主優待_お米の消費量

 

ということは、1年分に換算すると、

2,942g × 12ヶ月 = 35,304g となります。

一人あたり家庭でお米を年間35.3kg食べているということで、35.3kgを全て株主優待でカバーすることを目標とします。

前提②:株主優待はおこめ券ではなく「お米」とする

株主優待で「おこめ券」を送ってくれる会社もあるんです。

ありがたいですよね。

 

 

でもね。

 

今回は「おこめ券」じゃダメなんです。

 

「お米が直接自宅に届く」というのが株主優待の醍醐味じゃあないですか。
(個人的見解です)

 

おこめ券だとお米に替える手間がかかりますからね。

 

したがって、今回はあえて「お米」を直接送ってくれる会社を厳選しました。

前提③:業績が極端に悪くない会社を選ぶ

せっかく投資したのにすぐ優待廃止になってしまったら残念ですよね?

 

実は赤字の会社でも優待を送ってくれるところは結構あるのですが、それらは今回の調査で除外しました。できるだけ優良企業で、株主優待を長く続けてくれそうなところを選んだつもりです。

前提④:送付時期をできるだけ分散させる

通常、株主優待が届く時期は10月〜11月に集中します。

でも、この時期にまとめて届いたお米を1年かけて食べるのは避けたい。

 

できるなら届いたお米を早めに食べたいじゃないですか。

 

ということで、できるだけ送付時期が1年の中でバラバラになるように選びました。

前提⑤:優待取得のための特別条件が無い会社を選ぶ

会社によっては、

「1年間保有し続けた株主にだけお米をあげます」

みたいな条件を付けているところもあります。

 

しかし今回はあえてそのような条件が無い会社を選んでいますので、株主優待初心者の方でも早めに投資した成果を得ることができます。

 

前置きが長くなりましたね。

では、いきましょう。


銘柄1: 綿半ホールディングス (1月到着 5kg)

長野県を地盤とする会社で、ホームセンター運営や建設事業を行っています。

株主優待は信州の特産品・PB製品・自社ポイントの中から一つを選択する形式で、特産品の一つとしてお米を選ぶことができます。

株価 2,063円
最低購入金額 206,300円
権利確定月 9月
優待送付時期 1月
配当+優待総合利回り 2.6%

 

送付されるお米は北信州「幻の米」5kgです(2019年の場合)。

お米優待_綿半

利回り2.6%というのはやや不満ですが、1月にお米を送ってくれて業績が堅調な会社は調べた限りこの1社しかありませんでした。

銘柄2: ゲンキードラッグストアーズ (4月&10月到着 5kgずつ計10kg)

福井県を地盤としてドラッグストアを運営する会社です。

 

私はゲンキー株を保有しています。株主優待の詳細について興味がある方はこちらの記事をご参考ください。

ゲンキードラッグの優待はカタログギフトやお米から選べます。こんにちは。株主優待大好きnerio(@neriopapa)です。 ゲンキードラッグストアーズ、あまり馴染みの無い名前かも...
株価 2,372円
最低購入金額 237,200円
権利確定月 12月、6月
優待送付時期 4月、10月
配当+優待総合利回り 5.3%

 

このゲンキー、1年に2回も優待を送ってくれる太っ腹な会社なのです。利回りも高め。

4月に5kg、10月に5kgで計10kgのお米が送られてきます。

 

ちなみにお米の種類は4月、10月ともに福井県産のコシヒカリ。

 

ゲンキーは福井県に本社があるので、地元の名産品を株主優待として送ってくれるわけです。

こういう会社の姿勢、非常に好感が持てますよね。

銘柄3: ヤマナカ (5月到着 4kg)

ヤマナカは愛知県を中心にスーパーマーケットを運営する会社です。

売上は横ばい、2019年度の利益は店舗の先行投資の関係から若干の前期比マイナス。ただ翌年度に挽回する計画になっており、ここ数年の業績はそこそこ堅調であると見ています。

株価 749円
最低購入金額 74,900円
権利確定月 3月
優待送付時期 5月
配当+優待総合利回り 3.3%

 

送付されるお米は新潟県岩船産のコシヒカリ4kgです(2019年の場合)。


銘柄4: オーシャンシステム (6月&12月到着 3kgずつ計6kg)

新潟県を地盤として、食品スーパー「チャレンジャー」を展開する会社です。その他にも「業務スーパー」をフランチャイズ運営しています。

業務スーパーのプライベートブランド商品が近年良く売れているようで、業績は堅調です。

株価 889円
最低購入金額 177,800円※
権利確定月 3月、9月
優待送付時期 6月、12月
配当+優待総合利回り 3.0%

※優待取得に必要な株数が200株であることにご注意ください。

なお、総合利回りを計算するために、お米の価値を3,000円として計算しています。

 

送付されるお米は6月が魚沼産コシヒカリ、12月が魚沼産の「新之助」です(2019年の場合)。

新之助というのは最近開発されたお米の品種だそうです。

銘柄5: オリックス (9月到着 7.5kg)

オリックス、知らない人はいないんじゃないでしょうか。

リースや金融、不動産など様々な事業を展開する会社です。

 

株主優待銘柄としても有名で、私も保有しています。株主優待の詳細について興味がある方はこちらの記事をご参考ください。

オリックス_優待_お米
オリックスの株主優待はカタログギフト!お米が7.5kg届いた話こんにちは。株主優待大好きnerio(@neriopapa)です。 家族3人(私、妻、子ども)でそれぞれSBI証券の口座を...

株主優待はカタログギフトなのですが、商品の中に「お米7.5kg」があります。

株価 1,640円
最低購入金額 164,000円
権利確定月 3月
優待送付時期 9月
配当+優待総合利回り 6.2%

 

お米の種類は秋田県産のあきたこまちです(無洗米)。

オリックス_優待_お米

これは実際に私も食べましたが美味しかったですよ。

銘柄6: マックスバリュ東北 (11月到着 4kg+お餅2kg)

イオン系列のスーパーを運営する会社です。

これまで売上は横ばいでしたが、2020年にイオンリテール東北カンパニーと合併することが決まり、大規模経営による利益の向上を目指しています。

 

株主優待は、

  • 店舗で使える優待券
  • 青森産りんご 約3kg
  • お米4kg +お餅2kg
  • 稲庭うどん 700g

の4種類から選べるのですが、当然我々が選ぶのは「お米4kg+お餅2kg」一択です。

株価 1,487円
最低購入金額 148,700円
権利確定月 2月
優待送付時期 11月
配当+優待総合利回り 2.0%

なお総合利回りを計算するために、お米+お餅の価値を3,000円として計算しています。

 

実は11月にお米がもらえる会社は他にもいくつかあるのですが、「お餅」というワンポイントを付けたかったのでこの会社を選びました。


まとめ:6銘柄で1年間(だいたい)カバー可能!

これまでご紹介した株主優待を、送付時期別に並べてみましょう。

お米の量 お米の種類
1月 5kg (綿半) 長野県産コシヒカリ
2月
3月
4月 5kg (ゲンキー) 福井県産コシヒカリ
5月 4kg (ヤマナカ) 新潟県産コシヒカリ
6月 3kg (オーシャンシステム) 新潟県産コシヒカリ
7月
8月
9月 7.5kg (オリックス) 秋田県産あきたこまち
10月 5kg (ゲンキー) 福井県産コシヒカリ
11月 4kg + 餅2kg (マックスバリュ東北) 秋田県産あきたこまち
12月 3kg (オーシャンシステム) 新潟県産新之助

 

合計で 36.5kg(+お餅2kg) となりました。

 

いかがでしょうか??

 

そこそこバランス取れてません??

 

お米ができるだけ切れ目なく送られてくるように、頑張って調べました。

 

とはいえ2〜3月と7〜8月はお米が送られてこないためひもじいのですが、マックスバリュ東北から送られてくるお餅を食べて乗り切ってください(笑)

 

そして、必要な投資資金は6銘柄合わせて、

1,008,900円

となりました。

 

100万円ちょいの投資で1年間お米を買わずに済む(?)生活が送られるようになる、ということがわかりました。

 

 

以上、調査結果でした。

これらの優待がずーっと続けば、一生お米を買わなくて済みますね!

 

 

<〜以下ご案内〜>
この記事をご覧になった方が少しでも株主優待に興味を持ってくれたら嬉しいです。

私は妻口座・子供口座ともにSBI証券で取引をしています。SBIの特徴は下記記事にまとめましたので興味を持たれた方はよろしければご覧ください。

ネット証券は結局SBI証券で良いんじゃないかと思います。こんにちは。株大好きnerio(@neriopapa)です。 私は株主優待が大好きで、現在私・妻・子供の3口座を開設して約...

優待取引をするためには株式口座を開設しましょう。

ネット証券会社はたくさんありますが、

  • 取扱商品の多さや使い勝手の良さなどバランス重視の方 →→→ SBI証券
  • とにかく取引手数料が安い所がいい!という方 →→→ GMOクリック証券

で良いと思います。

口座開設は無料かつネット上で簡単にできますので、この機会に株式投資の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

ようこそ株主優待の世界へ!

 

 

(※)当記事の内容は私の個人的な考えに基づいており、株式投資は利益を上げられる一方、損失を被るリスクもあるためご注意ください。また、優待その他の情報は記事作成時点でのものであり、詳細につきましては各社ウェブサイト他での確認をお願い致します。