株主優待

ゲンキードラッグの優待はカタログギフトやお米から選べます。

こんにちは。株主優待大好きnerio(@neriopapa)です。

 

ゲンキードラッグストアーズ、あまり馴染みの無い名前かもしれません。

こちら、北陸エリアを地盤としてドラッグストアを展開する会社です。

 

株主優待が非常に優秀でずっと購入する機会を伺っていたのですが、先日株価が落ちてきたタイミングで満を持して購入しました。

優待送付は年に2回、私の大好きなお米ももらえる銘柄となっております。

 

優待内容の紹介

ゲンキードラッグの株主優待は、下記4種類の中から選ぶことができます。

  • 自社サプリメント(6,000円相当)
  • 自社化粧品(6,000円相当)
  • カタログギフト(3,000円相当)
  • 福井県産コシヒカリ 5kg
株主優待_ゲンキー1 株主優待_ゲンキー2

優待取得のためには100株持っていればOK。

しかも年に2回権利日があるので、最大で6,000円 × 2 = 12,000円分の優待がもらえることになります。

 

しかもしかも2年以上継続して保有している場合、2000円分の自社商品券も追加(これも年2回もらえる)。

家の近くにゲンキーの店舗が無いよ!という方はチケットショップやヤフオクで換金するという手段もあります。

 

優待が送られてくる時期はだいたい下記となっております。

6月基準の優待案内は9月下旬に届き、商品は10月に発送。
12月基準の優待案内は翌年3月下旬に届き、商品は4月に発送。

優待案内が送られてくるので、どの優待品にするか選んで返信すると商品が発送されてくるシステムです。

 

配当+優待利回りはどれくらい?

まず購入に必要となるお金から。

 

この記事を書いている2019/10/16時点でのゲンキードラッグストアーズの株価は2,372円です。

そのため、100株保有する場合は購入金額として237,200円必要です。

 

 

一方、年間に取得できる金額はというと、

 

株主優待はカタログギフト(3,000円分)を選ぶとしましょう。年2回で6,000円

また、2年以上継続保有という前提で、2,000円分の自社商品券も追加。これも年2回で4,000円

その他、配当金が100株あたり2,500円(2018年実績)もらえるので、

 

取得金額合計は6,000 + 4,000 + 2,500 = 12,500円

 

237,200円の投資で12,500円が毎年入ってくることになります。利回りは5.3%。(※)

 

(※)勿論株価は変動するので利回りも変動します。また、優待内容が変更される可能性があることにも注意してください。投資はくれぐれも自己責任でお願いします!

 

 

ちなみに、今の私のゲンキーの状態をSBI証券で見るとこんな感じ。

ゲンキー_評価損益

 

私が購入した際の株価は2,002円でした。

かなり会心のタイミングで購入したように見えます(現時点では)。

 

私の購入時点から株価は上がっていますが、それでもまだ5%以上の利回りを維持していますね。




業績もチェック!

まず、ゲンキーの株価チャートを見てみましょう。

ゲンキー_チャート

2018年の6月あたりには4,500円を超えたものの、その後綺麗に右肩下がりに下がって2,000円を割り込みました。

現在は少し反転してきたようにも見えます。

 

ここ最近ゲンキーの株価が冴えなかった理由は既存店売上の低迷にあると思っています。

 

2019年度の第1四半期で見ると既存店売上は前年比95%くらい。

積極的に新規出店を続けているので全体で見れば売上高は上がっているのですが、既存店をどうテコ入れするかが今後の株価を左右します。

 

個人的には前年比95%くらいで踏み止まっているし、最近の株価が下げ過ぎだと思ったので購入に踏み切りました。

 

まとめ:利回り5%は嬉しい

一時は株価4,500円を付けていたゲンキー。

 

「もう高くて買えないなぁ。。」と思いつつしばらく監視を続けていたのですが、今回2,000円を割ったので購入を決めました。

 

このように、気になるけど高くて買えない会社を私は50社くらいピックアップしており、常に株価をチェックするようにしています。

安くなってきたら買い、基本的には株価が高くなっても放置。余程利回りが下がってきたり業績が悪くなってきたら売る、というシンプルなやり方です。

 

限りある資金です。変なタイミングで買ってしまって後悔することのないようにしたいものです。

と言いながら失敗したまま放置している会社もいくつかあるので、それもいずれ紹介しますね笑

 

ではまた!