借金減額

「05031551041」は後払いのPaidy!支払督促なので無視厳禁です。

05031551041_Paidy

「05031551041」から着信があり、「不審電話かな?」と不安に思われている方のために、05031551041についての情報を調べてみました。

「05031551041」の口コミを調査してみた

ペイディ
支払い済なのにかけてくるペイディ。
Amazonやアップル等に入っている。
しつこいから解約手続きする。
怖いわ。(引用元:jpnumber)

期日に支払い済みなのに掛けてきます。(複数回)
知らない人の名前言ってきます。恐らく別の人のと勘違いしています
個人情報の管理大丈夫かこの会社。
利用やめました。(引用元:jpnumber)

05031551041は後払いサービスからの着信のようですが、支払い済みにも関わらず電話がかかってくるケースがあるようです。

調査結果:後払いサービス「Paidy」からの支払督促でした

「05031551041」の正体は、「Paidyからの支払督促」でした。

Paidyを使用した覚えはありませんか?

Paidyとは、Amazonやビックカメラといったお店で物を購入した際、後払いで料金を支払うことができるサービスです。

毎月10日に料金が請求されるため、10日を過ぎても支払いが完了していない場合に電話がかかってきます。

Paidyへの連絡をせず滞納・延滞し続けるとどうなる?

Paidyからの連絡に対応せず、滞納や延滞が続いてしまった場合、Paidyは他の手段によって督促をしてくることになります。

また、その他にも信用情報に傷が付くことになるため、できるだけ期日通りに返済すべきでしょう。

 

支払を滞納・延滞し続けると何が起きるのか、具体的にまとめました。

滞納し続けることによる影響
  1. 遅延損害金が発生する
  2. 滞納が61日を超えると個人信用情報機関に遅延情報が登録され、クレジットカードや住宅ローンの審査に通らなくなる(1年~5年の間)
  3. 他の債権回収会社に回収が委託され、電話、書類による通知、もしくは自宅に担当者が訪ねてくるようになる
  4. 簡易裁判所より通達が送付される

①の遅延損害金ですが、消費者金融やクレジットカードでは年率20%という高い利率がかかっていることが多く、これは普通にお金を借りる場合の年率(14.6%~20%)よりも高いです。

つまり、1日でも支払いが遅れるとたくさんのお金を支払う必要が出てくるので、1日も早く返済すべきです。

 

また、④の通達について補足すると、これは「仮執行宣言付支払督促」というものです。

仮執行宣言付支払督促は2週間以内に異議申し立てをしなかった場合、確定判決と同一の効力があります。滞納者の財産を差し押さえする権利が債権者側に与えられるため、強制執行手続を取れる状態になります。

この状態になってしまうと、例えば銀行の預金口座が凍結されたり、給料の差し押さえを受けてしまうことになるため注意してください。

返済可能な場合

「05031551041」から電話があり、Paidyへの返済が可能な場合はすぐに返済しましょう。

また、Paidyの担当者に相談すれば期日を延長してもらうことができるかもしれません。恐れずにコミュニケーションを取ることが大切です。

返済できない場合

毎月の返済額を減らすことができないか(過払いがないか)相談してみましょう。

借金の減額相談を請け負っている法律事務所や司法書士事務所がありますので、相談するのが近道です。

複数のカードを持っていたり、複数の借入先があるような場合、過払いは意外に多く発生しているもので、減額できる可能性があります。

おすすめ司法書士事務所

借金減額・任意整理・過払い金申請など、相談者の状況に応じて最善の解決策を提案してくれるアヴァンス法務事務所がおすすめです。

アヴァンス法務事務所の無料相談はこちら

  • 2007年設立の超老舗
  • 相談件数累計23万件超の実績あり
  • 初期費用0円&減額報酬不要!他社より安い価格体系
  • 年中無休でメール相談可能
  • 女性専用窓口あり

 

借金をすると誰にも相談できず、抱え込んでしまいがちです。

ですが、せっかく借金を減額できるチャンスがあればそれに賭けてみてもよいのではないでしょうか。

経験豊富な専門家に相談すると少しは気持ちがラクになるかもしれません。

まずは無料相談してみましょう。

アヴァンス法務事務所の無料相談はこちら

まとめ

  • 05031551041はPaidyからの支払督促電話の可能性大
  • 滞納が続くと遅延損害金が発生するため早めに支払うべき
  • 最悪の場合、裁判になるケースも
  • 困ったらまず弁護士・司法書士に相談してみる

今回はPaidyからの電話情報についてまとめました。

連絡が来ても恐れずに、まずは弁護士・司法書士に相談してみましょう!

不安を取り除いてくれるはずです。

アヴァンス法務事務所の無料相談はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。